「安佐南メディカル整体院」痛み・シビレを根本改善し、最高の笑顔へ

森本 達也

役職:院長

経歴: 業界歴13年

資格: 柔道整復師

ごあいさつ:私は1985年4月2日広島県広島市に生まれました。

幼い頃は比較的おとなしく、あまり活発な子供ではなかったように思います。

私の祖父や両親は医療従事者で、小さい頃は自営をしていた両親の職場が私の遊び場でした。そのような環境で育ったからなのかもしれませんが、自分も将来医療関係の仕事に就けたらという漠然とした思いは子どもの頃からありました。

施術家を目指したきっかけ:具体的にこの仕事に就きたいと思うようになったきっかけは、高校時代ランニング中に痛めた膝を自宅近所の整骨院で治療してもらったことです。痛みやなかなか治らないことに対する不安が、治療を受けることによって解消されていったことを今でもよく覚えています。

そこでこのような仕事もあるのだということを知り、深く感銘を受けたことで、自分の進む道が決まりました。

施術家の道へ:平成21年、無事国家試験を合格したことで自分の施術家としての人生が始まりました。

当然のことながら最初は上手くいかない事ばかりで、患者様や同僚に迷惑ばかりかけていました。けれど、地道に勉強や練習を繰り返すことで、少しずつ自信をつけ、治療に向き合うことができるようになっていきました。

これまで数多くの患者様や治療の先輩方との出会いがありましたが、全て自分の大きな財産となっています。

この財産をこれからさらに積み重ね、この先出会うであろう患者様方に還元させて頂き、みなさまが充実した人生を送れるようにサポートをさせていただければと思います。

 

井上 秀一

経歴:業界歴10年
資格:柔道整復師

ごあいさつ:

少年時代は地元のサッカーチームに所属し、日が暮れるまでボールを追いかけているような活発な子供でした。

そんな私も二児(4歳と1歳の娘)の父親となり休日は公園で子供とのボール遊びが日課となりました。どんなに疲れていても娘の顔を見ると不思議と元気が溢れます。

施術家を目指したきっかけ:

中学生時代にサッカーを続けるなかで腰椎ヘルニアになった経験があります。その当時は藁にもすがる思いで、近くの整骨院に通ったのは今でも鮮明に覚えています。担当の先生は真剣に私と向き合って頂いたとともに、治療だけでなくメンタルケアもしてくれる先生でした。今思い返せばその先生の影響も少なからず受けていたのかもしれません。

 社会人になり身体障害者施設で4年間介護士として働いていました。身体障害者の方と接するなかで健常者にはわからない身体の悩みを身近で感じることができました。この頃から身体の仕組みなどを独学で勉強するようになり、一念発起し国家資格を取得したのがこの業界に入ったきっかけです。

施術家の道へ:資格取得後は整体・整骨院・整形外科で働き、沢山の症例を診てきました。これらの経験からもそうなのですが身体と心は密接に関係しているのがわかりました。

身体だけでなく心のバランスも整えられる治療家になりたいと思っています。どんな些細な身体の不調でも結構なのでひとりで悩まずご相談ください。

 

「安佐南メディカル整体院」 PAGETOP